×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頚椎症・頚椎ヘルニアの治療、克服のためのサイト

現代医学の立場から分析しましょう

 

 整形外科による精密検査を必ず受けましょう。画像的に確認できる現状をしっかりと認識することが何より大切です。また、疑問点などは徹底的に担当医師に質問することが必要不可欠です。この質問に対して納得のいく説明を受けられなければ、それは医師に問題があると言わざるを得ません。迷わず、セカンドオピニオンをするべきです。また、患者の質問に対して明快に答え、詳しく説明することこそが、これからの医師に求められる必須なスキルことともいえるでしょう。

 

 

 

 画像的に自身の頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症の状態を、どういうレベルなのか、しっかりと医師から説明を受ける必要があります。また、他の病気を併発していないかもしっかりと確認してください。 また、このとき、レントゲン(X線)写真だけでは、とうてい明確な状態を把握できません。必ず MRI(電磁気共鳴撮影)画像診断をしてもらいましょう。

 

 

 残念ながら、症状の原因に関してあまり細かいことを話たがらない医師もいらっしゃるので、必ずこちらから積極的に質問しましょう。それでも、ご自分で、納得のいく説明を受けられなかった場合、または理解できないようでしたら、セカンドオピニオン・サードオピニオンといって、他の整形外科を受診することをお勧めします。まずは「本当の敵を知る」ことからすべては始まります。よく探せば、必ず良い医師にめぐり会えるはずです。

 

 

特にヘルニアの場合、膨隆、突出、脱出、まれに、中心性ヘルニアなどのレベルに分類されます。残念ながら中心性ヘルニアは脊髄圧迫を伴うことがあり緊急の手術を要することが多いので、信頼のおける医師とよく相談してください。当然ですが、整形外科の治療を受け続けることは大切なことです。

 

 特に、神経ブロックという麻酔薬の注射による急性症状の緩和法などは、技術力の高い医師にやってもらえると、かなり効果が期待できます。投薬は解熱鎮痛剤だけ処方する医師もいますが、神経系統に働きかける薬や筋肉・精神に働きかける薬を個別に処方してくださる医師もいます。ただし、技術レベルの高い整形外科には患者が多く集まってきますので、混んでいることが普通です。現実的に通う時間がないかたも多いといえます。

 

 

 牽引については、じわじわと効くタイプと、効かないか反対に症状が強くなるタイプに分かれる傾向があります。

 

 これは、個別に牽引の具体的な方法をオーダーメイドしたかたちで行えば効果が期待できますが、ほとんどの病院では医療機器によって画一的に統一された設定で行われていることが原因かもしれません。 担当する理学療法士の知識や技術力も関係してきます。

 

 また、グローバルな医療の視点から考えると、個別の背骨がずれているのにただ単に全体を引っ張れば治るという考え方には疑問が残ります。もうちょっと、個別のずれに着目してもらいたいところです。

 

 ちなみに、痛みシビレの緩和治療に特化したペインクリニック科という分野があります。本来はさまざまな手術などにおける麻酔の専門医師だった先生が、まさに「痛みシビレという症状の緩和目的」で麻酔薬の注射を神経の関連部位に行います。当然、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアも治療対象になります。最近では自律神経失調症の緩和のために首の付け根にある星状神経節ブロック法と呼ばれる治療法も知られてきました。 全国的にまだペインクリニック科を持つ病院は少ないですが、ためしてみたい治療法の一つです。